昨年4月3日に提出された「確定拠出年金法等の一部を改正する法律案」が5月20日に衆議院厚生労働委員会で可決されました。

衆議院本会議での議決により、同法案は近々成立する見込みです。