以前から住信SBIネット銀行は時間限定で外貨預金為替コストの引き下げサービスを行っていましたが、今回恒久的に外貨預金為替コスト改定を行い、米ドルの為替コストは15銭から4銭に大幅に引き下げられました。



今回の改定に伴い、ネット証券における米国株及び海外ETF取引において、SBI証券が一番競争力のあるコストを提供する様になりました。

1.為替コスト

ネット証券の為替手数料:マネックス証券・楽天証券・SBI証券:25銭

ただし、SBI証券の場合、住信SBIネット銀行でドルを購入(為替手数料:4銭)し、送金手数料なしでSBI証券に米ドル送金が可能です。また、米国株・海外ETF売却の際、米ドルで売却し住信SBIネット銀行に米ドル送金(手数料無料)し円転すれば為替手数料は4銭です。

2.ネット証券の米国株・海外ETF売買手数料