日経新聞編集委員田村正之氏の新書で、税金ゼロを享受できる投資を優先し選択する事を推奨しています。

以前から税制優遇を備えている国民年金基金や小規模企業共済に加えて、最近イデコ,NISA,つみたてNISAと税金ゼロを享受できる有利な仕組みが増えている中、売れ筋ではあるがイデコに商品性が劣る民間生命保険会社の個人年金保険(2016年度ー保有契約件数:2175万件・保有契約高:107兆9000億円)や、かつて資産形成の王道であったものの今の低金利で魅力を失っている財形貯蓄などは、相対的に活用の優先度を下げるべきだと説いています。

正にその通りでこの著書を通じて多くの人に資産運用革命が起きている事を理解して貰いたいと思います。運用において非課税は最も重要なポイントの一つです。