個人型確定拠出年金(DC)・小規模企業共済制度・NISAをお勧めしています
ブログ

投資

為替ヘッジコスト(3)

為替ヘッジコストに関するロイターの記事です。 日本機関投資家の利回りが高い米モーゲージ債への需要が高まる中、為替ヘッジコスト1カ月物(現在1.2%程度)が上昇する可能性を指摘 ロイター記事

為替ヘッジコスト(2)

ICAPはロンドン拠点の主にスワップなどの金融デリバァティブ商品を提供するブローカー 6月28日付の投稿”為替ヘッジコスト(1)に関連して、今回は為替ヘッジコストについて詳細な解説と現状についてコメントしたいと思います。 …

為替ヘッジ付き債券投資信託(2)

先月ブログで「為替ヘッジ付き債券投資信託」を取り上げましたが、日経ヴェリタス今週号でも日系企業が外貨建てで発行する債券に投資する公募投資信託を取り上げています。 出所:日経ヴェリタス 以前のブログでは、SBI-PIMOC …

米国株式取引手数料

今月SBI証券が米国株式取引手数料を大幅に引き下げ、マネックス証券に並びました。 今後楽天証券の追随が期待されます。 2016/7/8時点 比較対象範囲は、主要ネット証券5社のうち、米国株取引サービスを提供している3社の …

為替ヘッジコスト(1)

6月22日投稿のブログ「為替ヘッジ付き債券投資信託」で以下の様にコメントしました。 ”注意点 為替ヘッジコストの実勢値が2016年4月に2%以上に跳ね上がりましたが、米国の利上げ観測が遠のいた状況下、現在は0.8%前後で …

為替ヘッジ付き債券投資信託(1)

為替ヘッジ付き債券投資信託資料作成しました。 資料のまとめより: 個人向け国債の代替投資商品としては、以下の投資信託が挙げられます。 1.為替ヘッジ付き米国優先リート投資信託 対象運用資産としての米国優先リートは安定的且 …

外貨建MMF

SBI証券でも外貨建MMF積立サービスを始めました。 なお、本年より外貨建MMFの為替差益は非課税ではなくなりましたが、外貨預金と比較して使い勝手はいいと判断しています。 詳細はこちらをクリック

タカラレーベン・インフラ投資法人(証券コード:9281)

初めてのインフラ・ファンドとして大規模太陽光発電施設(メガソーラ)を組み込むタカラレーベン・インフラ投資法人(証券コード:9281・発行・売出価格:100,000円)が本日上場。 初値は109,900円で終値は本日高値の …

インフラファンド

大規模太陽光発電施設(メガソーラ)を組み込むタカラレーベン・インフラ投資法人(証券コード:9281)の発行・売出価格は100,000円に決まりました。(仮条件:98,000円~100,000円) 上場予定日は6月2日。

スマートベータ型ETF

人材・設備投資に積極的な企業の株式を組み入れた上場投資信託(ETF)が19日、東京証券取引所に上場されました。 日本経済新聞記事より: 19日上場したは大和証券投資信託委託と野村アセットマネジメントの運用する2本。初値は …

« 1 3 4 5 »

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ブログ更新情報

follow us in feedly

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.