確定拠出年金の給付金は、原則60歳から、年金若しくは一時金(併用も可能)での受け取りを選択できます。年金の受取については雑所得の課税対象ですが公的年金等控除の対象になり一時金の受取については 退職所得として課税されますが退職所得控除の対象になります。

従って、通常の運用とは異なり、運用における収益に対して課税されるのではなくあくまで受け取る金額に対しての課税ですのでー運用において損失があった場合でも課税対象ーこの税制優遇を効果的に活用する事が重要です。

受取方法の選択についての詳細はこちらをご覧下さい