本日の日経新聞朝刊を読むと、税制改革として政府は所得控除方式から税額控除方式に移していく意向がはっきりと読み取れます。配偶者控除については所得控除方式から税額方式に移行して且つ所得制限を課す意向と報道もされています。

加えて、基礎控除・扶養控除・社会保険料控除も所得税改革の対象にもなっており、小規模企業共済掛金及び個人型DC掛金が所得控除の対象となっている小規模企業共済掛金等控除が税額控除に将来移行される可能性も否定できません。この際所得制限を課すとは思えませんが、特に高額所得者にとって最終運用利回への影響は大きい事は確かです。