個別株運用について興味のある方には大変参考になる著書です。

ウイリアム・オニールは、証券投資で得た利益で30歳でニューヨク証券取引所の会員権を取得して投資会社であるウイリアム・オニールを設立した著名な投資家です。日本では「オニールの成長株発掘法」の初版は2001年に発刊されていますが、彼の投資手法は今の時代においても充分適用できる素晴らしいアイデア満載の著書です。成長銘柄を選別する方法についてはCAN-SLIMが重要であると説いています。

CAN-SLIMとは以下の要約です。

C = Current earnings(当期利益が良いか?)
A = Annual earnings(通年の利益が良いか?)
N = New product or service(新製品・新サービスを出しているか?)
S = Supply and demand(その銘柄の需給関係が良いか?)
L = Leader or laggard?(その銘柄が相場の先導役か?それとも出遅れか?)
I = Institutional sponsorship(機関投資家に好まれているか?)
M = Market(一歩さがって相場全体の地合いは良いか?)

加えて、この方法によって選別した成長銘柄の買いのタイミング、売りのタイミングについても詳細に説明されています。また、運用の失敗は誰でも犯しますが、損切りの徹底を行えば損失は最小限に抑える事が出来ると説いています。

従って、オニールの著書は理論的な知識を身に着けるのに充分役立ちますが、一方個人投資家DUKE氏の著書「新高値ブレイク投資術」はオニールの理論をより実践的に彼が行った実際の取引例で説明してあり、大変参考になる著書です。この著書を読めば、サブタイトルの「1勝4敗でもしっかりと儲ける」は納得出来ます。

最後に、オニールの読者に対する締めくくりの言葉を書き添えます。

「勇気を持ち、前向きに構え、決してあきらめてはいけない。毎年大きなチャンスが巡ってくる。自らの態勢を整えてそのチャンスに挑みなさい。小さなドングリはいずれ、大きなナラの木に育つだろう。何事も忍耐力と勤勉さがあれば成し遂げられる。成功するのだという決意こそが、何にも増して重要な要素なのである」