日経ヴァリタス今週号によると、マネックス・セゾン・バンガード投資顧問は2016年度以内に機関投資家向けの資産運用ビジネスに参入し、機関投資家のニーズに沿ってオーダーメイドで私募投信を組成、地方銀行及び私立大学基金からの需要を期待しているとの事です。

運用商品がETF・投資信託に特化している点が特徴です。

個人的には、少額ですがマネックス証券を通じて個人向け投資助言サービスに運用委託を開始しました。毎月積立を行う予定ですが、銀行口座からの自動引き落としは出来ず、毎月マネックス証券の口座から投資一任口座への振替が必要で使い勝手が悪いのが欠点です。