為替ヘッジ付き債券投資信託資料作成しました。
資料のまとめより:
個人向け国債の代替投資商品としては、以下の投資信託が挙げられます。
1.為替ヘッジ付き米国優先リート投資信託
対象運用資産としての米国優先リートは安定的且つ高い配当利回りを提供し、値動きは安定していますし、現在の為替ヘッジコストを考慮しても為替ヘッジ後年率利回りは約5%前後が期待できます。
ただし、現在設定されている為替ヘッジ付き米国優先リート投資信託は全て販売手数料が3%及び信託報酬が約2%となっており、コスト高です。
今後コストが低い為替ヘッジ付き米国優先リート投資信託の登場が待たれます。なお、現在ネット証券では為替ヘッジ付き米国優先リート投信は取り扱っていません。

2.ジャパン・ベターインカム・ファンド
対象運用資産としての日系企業発行米ドル建社債の平均デユレーション:4.5年なので金利変化による債券価格変動はある程度許容範囲
米ドル建社債の平均利回りは2.6%で為替ヘッジコスト及び信託報酬後年率約1%強の利回りが期待できる
販売手数料がゼロで信託報酬も0.572%と低く設定されている

注意点
為替ヘッジコストの実勢値が2016年4月に2%以上に跳ね上がりましたが、米国の利上げ観測が遠のいた状況下、現在は0.8%前後で推移しています。為替ヘッジコストは重要なポイントですので、今後の動向には注意が必要です。

資料の詳細はこちらから