7月14日、国内の超低金利環境から押し出されるように、国内投資家が外債投資に一段とシフトしている。7月第1週は過去最大の買い越し。(ロイター)

為替ヘッジコストに関するロイターの記事です。

日本機関投資家の利回りが高い米モーゲージ債への需要が高まる中、為替ヘッジコスト1カ月物(現在1.2%程度)が上昇する可能性を指摘

ロイター記事