本日の日経新聞朝刊より:

”新たなNISAは定時・定額の積立投資に限定し、年間の投資上限を60万円、非課税の投資期間を20年とする設計だが、非課税対象の総額が実際に1200万円となるかは不透明。金融庁では、現役世代への配慮として年60万円、20年間の基本設計を要望書に盛り込み、全体の非課税投資額については年末に公表される税制大綱に向けた議論の中で、落としどころを探る構え。”

ここからは私見ですが、現存のNISAに加えて積立NISAを創設しどちらかを選択する制度では、混乱が生じるだけです。加えて、現存のNISAでも積立は可能なわけで、何故現存のNISAの非課税期間を恒久化できないのでしょうか。これでは根本を変えず継ぎ足し継ぎ足しで改正を行ってきた故に複雑化した日本の公的年金制度の二の舞です。