平成28年4月からの改定後の年金額通知書は今月初め日本年金機構から送付されています。

平成28年度の年金額改定に関する基本情報

1.「名目手取り賃金変動率」-0.2%

2.「物価変動率」0.8%
*年金を受給し始める際の年金額(新規裁定年金)は名目手取り賃金変動率によって改定され、受給中の年金額(既裁定年金)は物価変動率によって改定されることとなっています。

3.マクロ経済スライドによる「スライド調整率」-0.7%

「マクロ経済スライド」とは、年金財政悪化を防ぐために、賃金や物価の上昇ほどは年金額を上昇させないように、改定率を調整し年金の給付水準を調整する仕組みで、平成27年度年金額改定においては調整率-0.9%で実施されていたものです。

しかし、平成28年度年金額については、名目手取り賃金変動率がマイナスで、物価変動率がプラスとなったことから、平成28年度年金額改定においては、マクロ経済スライドの調整は行われず平成27年度からの据え置きとなります。