企業型DCに個人別管理資産がある方が、その加入者の資格を喪失した場合、その資産を個人型または他の企業型のDCに移換するか、脱退一時金の請求の手続を6カ月以内に行わないと、その資産は現金化され、国民年金基金連合会に自動的に移換されることになっています。

本日付朝日新聞デジタルによると、自動移換された資産は2016年3月末で約57万人分、1428億円にのぼり(1人当たり平均25万円)、前年より約207億円増加し、この5年間で2・6倍になったとの事です。。企業型DCは退職金ですので、膨大な金額がまぼろしの退職金となっています


出所:朝日新聞デジタル

国民年金基金連合会のホームページにこちらをクリックー自動移換後の手続きーについて詳細に説明されています。

心当たりの方は自動移管後の手続きを良く読まれて、自ら行動を起こすしか退職金を取り戻す方法はありません。一番多い選択肢は、自動移換者から個人型DCへの加入者・拠出者だと思いますので、個人型DCの情報を集めて運営管理機関を自ら選択して申し込みを行う事をお勧めします。その際、「個人別管理資産移換依頼書」も提出する必要があります。

自分自身自らまぼろしの退職金にしてはいけません!