小規模企業共済制度の「基本共済金」に加えて支給することとされている「付加共済金」の支給率については、平成28年度に係る支給率は「0」と定められました。

付加共済金の支給率については制度設定以来「0」が続いています。

なお、中退共(中小企業退職金共済)の平成28年度の付加退職金についての「厚生労働大臣が定める率」は「0」と定められました。

平成27年度の率は0.0216と過去最高でしたが、平成28年度は運用収入の状況が芳しくなかったと推測されます。