モーニングスター「資産管理のキホン」に”小規模企業共済 共済契約者貸付制度」について寄稿しました。

小規模企業共済制度について

個人事業主の資金調達としては、日本政策投資銀行や商工組合中央金庫からの借入も挙げられますが、必要書類・金利・保証人等の観点から、資金調達が必要であればまず最初に小規模企業共済の共済者貸付制度の利用を優先される事をお勧めします。なお、小規模企業共済自体の共済金は共済金Aの場合、現在1.5%の率で複利運用されており(掛金全額が所得控除の対象を考慮すれば最終利回りは当然1.5%以上です)共済者貸付制度を利用する事によって(貸出利率:1.5%及び0.9%)共済金の最終利回りがマイナスになる事はありません。

詳細はこちらをご参照下さい